2010年03月30日

規制改革分科会が初会合=鳩山政権で論議スタート(時事通信)

 政府の行政刷新会議(議長・鳩山由紀夫首相)の下に設置された規制・制度改革分科会(会長・大塚耕平内閣府副大臣)は29日、都内で初会合を開き、鳩山政権での規制改革論議を本格的にスタートさせた。6月をめどに各検討テーマについて対処方針を決める予定。各省庁の抵抗が激しい場合は、公開の場で関係者を呼んで議論する「規制仕分け」も検討する。
 会合の冒頭あいさつで枝野幸男行政刷新担当相は「これまでの規制改革は、厚い壁に阻まれて緩和されていないところと、逆に緩和だけが進んで弊害が生じた両面があった」と指摘。メンバーに対し、「消費者や利用者の視点を持って、現状の規制を見直してほしい」と求めた。 

【関連ニュース】
独法制度の廃止目指す=仕分けで再編、新形態を検討
郵政論議は「民主党らしさ」=行政刷新相
規制改革分科会、29日に初会合
「無戸籍の子」救済へ改正案=議員立法目指す

20人分の略式命令を破棄 赤切符ミスで最高裁(産経新聞)
小林千代美議員の会見要旨(読売新聞)
「分析・新薬価制度」(上)―中村和男氏(シミック会長兼社長)(医療介護CBニュース)
EPA看護師 国家試験に3人が合格 狭き門に批判も(毎日新聞)
JR西、第三者機関で監視を=賠償交渉で遺族要求−福知山線事故(時事通信)
posted by タガワ シュウジ at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。