2010年04月27日

民主・輿石氏、普天間辺野古沖移設に「それはない」(産経新聞)

 民主党の輿石東参院議員会長は24日午前、鳩山由紀夫首相が5月末までに決着をつけるとする米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先が、最終的に現行案の同県名護市辺野古沖となる可能性について、「それは、ないだろう」と否定した。甲府市内で記者団に語った。

 輿石氏は、「首相もあれだけ沖縄県民の悲痛な叫びを受け止めていきたい、と言っている」と説明。「われわれが選んだ首相だから、首相を中心にきちっとこの問題にも答えを出していく」とも述べ、5月末の決着は揺らがないとの見通しを示した。

【関連記事】
普天間決着、実現可能な案はこれしかない!
“悪太郎”堀内ニヤリ…自民から出馬へ「輿石包囲網」着々
首相、普天間で職を賭す「理解を求める」ことが決着?
首相メルトダウン寸前? 自虐コメント「私は愚か」
普天間問題が日本ハム直撃! 飛行場より先にキャンプ地移転か

成田で欧州便運航再開、寝泊まり外国人安堵(読売新聞)
二条城にアライグマ出没か=国宝や重文につめ跡50カ所−京都(時事通信)
授業料無償化も遺児は進学困難、あしなが募金を! 理解訴え(産経新聞)
<本屋大賞>冲方丁さん「天地明察」に(毎日新聞)
鳩山氏は「不起訴相当」偽装献金事件で検審が議決(産経新聞)
posted by タガワ シュウジ at 15:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。